お知らせ

採択リスト

採択リスト一覧

参加者へのお知らせ

1. 参加受付

場 所:
味の素ナショナルトレーニングセンター1階 エントランス
日 時:
11月8日(土)・9日(日)両日ともに8:00 ~

2. 参加費

ご来場の方は、巻頭綴込みの登録票に必要事項をご記入のうえ、学術大会参加費13,000円、学生・大学院生の方は学生証の提示により7,000円をお支払いください。引換えに、ネームカード(領収証兼用)をお渡しいたしますので、所属、氏名をご記入のうえご着用ください。

※ ネームカードを着用されていない方の入場は堅くお断りいたします。

3. 抄録集

抄録集は当日必ずご持参ください。別途ご希望の場合は、当日、1冊2,000円で販売いたします。

4. 学会入会案内

会期中、味の素ナショナルトレーニングセンター1階エントランスの総合受付付近に「日本臨床スポーツ医学会事務局デスク」を設置いたします。
学会会員登録の受付を行います。入会希望の方は手続きを行ってください。

5. 演題番号について

演題番号は下記のようになっております。
(最初の数字は全て、1は第1日目・2は第2日目です)

6. ポスター発表について

場 所:
ポスター会場A・B:
第2会場(味の素ナショナルトレーニングセンター3階)
ポスター会場C:
第6会場(国立スポーツ科学センター1階 陸上競技実験場)
日 時:
11月8日(土)11:00~17:50
11月9日(日) 9:00~13:30

7. ドリンクコーナー

ポスター会場(A・B とC)に用意しております。

8. クローク

国立スポーツ科学センター1階陸上競技実験場の仮設クロークをご利用ください。

9. 掲示板・伝言板

味の素ナショナルトレーニングセンター1階の総合受付付近にご用意いたします。ご自由にご利用ください。

10. 呼び出し

緊急の場合のみ各会場でサブスライドによる呼び出しをいたします。総合受付へお申し出ください。

11. 録音・録画・撮影

会場内での録音・録画・写真撮影はご遠慮ください。

12. 昼食

両日とも、ランチョンセミナーおよび昼食時のポスターセッション会場にて昼食をご用意いたします。ランチョンセミナーの整理券は、各日8:00からチケット配布所にて配布します。
数に限りがございますので、ご了承ください。

13. 全員懇親会

場 所:
国立スポーツ科学センター1階 陸上競技実験場
日 時:
11月8日(土)18:30~20:00

14. 施設見学ツアー

JISS 施設の見学ツアーを行います。人数に限りがありますので、予めご了承ください。

見学施設 スポーツクリニック、リハビリテーション室、ハイ・パフォーマンスジム等
※ 詳細は当日配布資料にてご確認ください。
見学時間 1回30分程度
11月8日(土)
第1回 14:45~15:15
第2回 15:45~16:15
11月9日(日)
第1回 10:15~10:45
第2回 11:15~11:45
予  約 各日当日予約制(各回先着60名×1日2回)
予約受付 11月8日(土)13:00~14:00(2回分)
11月9日(日)9:00~10:00(2回分)
※ 定員に達し次第、受付時間内でも終了いたします。
注意事項 写真撮影・選手への接触(握手・サイン等)は禁止

演者へのお知らせ

口演発表

1. 発表時間
シンポジウム 座長に一任
一般演題 口演5分・討論3分

※ 時間厳守にてお願いいたします。

2. 発表形式
  • PCプレゼンテーション(1面)のみとします。
  • ご口演は、データの持込み・PCの持込みどちらでも可能です。
  • 動画などを含まれる方や、Macintosh をご利用の方は、ご自身のPCをご持参ください。
3. PC受付
場 所:
第1~第4会場 味の素ナショナルトレーニングセンター1階
第5会場 国立スポーツ科学センター2階 第5会場前
日 時:
11月8日(土)・9日(日)両日ともに8:00 ~

※担当セッション開始の40分前までに、「PC受付」にお越しいただき、発表データの試写を行いデータをお預けください。

※第5会場のご発表者は第5会場前のPC受付で行ってください。他では受付できません。

4. 発表
  • 演者は担当セッション開始時刻の10分前までに次演者席にご着席ください。
  • 発表は、演台にモニター、マウス、キーボードを用意いたしますので、演者自身の操作で進めてください。
  • 発表時間の終了1分前に黄ランプ、終了は赤ランプでお知らせいたします。
  • 討論時間については座長の指示に従ってください。
  • お預かりしたデータは会終了後に責任を持って消去させていただきます。
5. 口演発表データ作成方法
  • 発表データはMicrosoft PowerPoint 2003以上、またはMac Power Point 2003以上での作成・保存をお願いいたします。
  • 出力解像度はXGA(1024×768)です。
    このサイズより大きい場合、スライド周辺が切れてしまいますので、画面の設定をXGA に合わせてからレイアウトの確認をしてください。
  • フォントはWindows 版Microsoft PowerPoint に標準装備されているものをご使用ください。
    (MS・MSP ゴシック、MS・MSP 明朝、Arial、Times New Roman、Century 等)
    特殊なフォントを使用されますと代替フォントが使用され、レイアウトが崩れることがあります。特殊なフォントをお使いになるときは画像化し、オブジェクトとして貼り付けてください。
  • 動画ファイルを内蔵しているデータの場合は、所定の動画フォルダに動画データが格納されていることをご確認ください。また、他のPCでの動画確認を必ず事前に行ってください。
  • 音声出力や動画出力がある場合は、必ず係員にお申し出ください。
  • メディアを介したウイルス感染の事例がありますので、最新のウィルスソフトを使用してウィルスチェックを行ってください。
  • 「発表者ツール」を使用したご発表はできませんのでご留意ください。
【データをご持参される場合】
  • 発表データは、CD-RまたはUSBでご持参ください。
    * USB、CD-Rは必ず最新のウイルスチェックを済ませたものをご持参ください。
  • データは、学会が用意するサーバーに一旦コピーいたしますが、学会終了後は責任を持って消去いたします。
【PCを持ち込まれる場合】
  • 持ち込みが可能な機種は、Windows 2003以降が動作する機種またはMacintosh で、モニター出力端子にD-sub15ピンが装備されているものに限ります(薄型PCでは出力端子の規格が異なることがあります)。出力の規格が異なる場合は、接続用の端子を必ずご持参ください。
  • バッテリーでの発表はトラブルの原因となりますので、電源アダプターは必ずご持参ください。
  • PCのスリープ機能、スクリーンセーバーや省電力機能など発表の妨げとなる設定は予め解除してください。また、「発表者ツール」を使用したご発表はできませんのでご留意ください。
  • 万一に備え、別途バックアップデータをご持参ください。
  • データは最新のウィルスソフトを使用してウィルスチェックを行ってください。
  • PC受付で外部出力および動作確認を行った後、発表20分前までに次演者席付近に設置してあるオペレーター席へ各自PCをご持参ください。PC受付ではお預かりいたしません。また、ご発表は演台上のマウスでの操作になります。

ポスター発表

1)貼付および撤去
場  所:
A・B 会場:第2会場(味の素ナショナルトレーニングセンター2階)
C 会場:第6会場(国立スポーツ科学センター1階)
貼付日時:
11月8日(土)9:10~11:00
撤去日時:
11月9日(日)13:30~15:00

*指定された討論時間が終了しても、上記撤去時間までは撤去しないでください。

*撤去時間を過ぎても撤去されなかったポスターは、事務局にて処分いたします。
学会にて展示終了後の保存、返送などのご要望には応じられませんので、あらかじめご了承ください。

2)発表について
発表日時:
11月8日(土)11:00~17:50
11月9日(日)9:00~13:30
  • セッション開始15分前までに会場にお集まりください。
  • 発表、討論は座長の指示に従ってください。
  • 発表3分、討論2分の計5分です。
  • プッシュピンおよび発表者用リボンとピンを各パネルに用意しております。
    リボンは発表時間帯にご着用ください。
ポスター作成要項
  • 演題番号は事務局で準備いたします。
  • 演題名・氏名・所属は各自ご用意ください。
  • 発表掲示部分は横90cm× 縦160cm です。

座長へのお願い

担当セッション開始予定の15分までに、次座長席にご着席ください。(ポスターはパネル前にお越しください。)
進行は時間厳守でお願いいたします。

質疑応答について

  1. 質問者は予めマイクの前に整列の上、座長の指示に従ってください。
  2. 質問を始める前に所属、氏名を述べてください。
  3. 時間の都合上、途中で打ち切ることもありますのでご了承ください。

機器・書籍展示

場 所:
国立スポーツ科学センター1階 陸上競技実験場
日 時:
11月8日(土) 9:00 ~ 18:00
11月9日(日) 9:00 ~ 15:00

総会・委員会などの開催と学術委員会からの報告

1. 定時総会

場 所:
味の素ナショナルトレーニングセンター1階「研修室1~3」(第4会場)
日 時:
11月7日(金)17:30~18:30

2. 委員会・理事会

資格審査委員会 11月7日(金)14:00 ~ 15:00 国立スポーツ科学センター2階「研修室C」
学術委員会 11月7日(金)14:00 ~ 15:00 国立スポーツ科学センター2階「研修室D」
理事会 11月7日(金)15:00 ~ 17:00 国立スポーツ科学センター4階「特別会議室」
理事・評議員合同懇親会 11月7日(金)18:30 ~ 20:00 国立スポーツ科学センター2階「大研修室A / B」

3. 学術委員会からの報告掲示

場 所:
味の素ナショナルトレーニングセンンター2階 第1会場前ロビー
日 時:
11月8日(土)9:00~18:00
11月9日(日)9:00~15:00

各資格単位取得について

日本整形外科学会教育研修受講について

1. 単位

下記講演は、日本整形外科学会の教育研修講演として認められています。
受講単位は1演題につき専門医単位またはスポーツ医単位・運動器リハビリテーション医単位各1単位です。
1日最高4単位、2日間で6単位まで取得可能です。

第1日 11月8日( 土)
時 間 会場 セッション名 演題名 講師 認定
番号
必須
分野
10:15~
11:15
第4会場 教育研修
講演②
パラリンピック・パラアスリートのメディカルチェックの現状と課題 田島 文博 14-2429-1 N-01
Re
12:00~
13:00
第1会場 ランチョン・セミナー① ヒートショックプロテイン(HSP)とアスリートのコンディショニング 伊藤 要子 14-2429-2 N-01,
N-02
S
第3会場 ランチョン・セミナー② トップアスリートのスキンケアサポート 上田由紀子 14-2429-3 N-01,
N-02
S
第4会場 ランチョン・セミナー③ けがに負けない歯づくり―キシリトールによる再石灰化の効用― 吉川 一志 14-2429-4 N-01,
N-02
S
13:15~
14:15
第3会場 教育研修
講演①
スポーツ中の咬合解析 高橋 敏幸 14-2429-6 N-01
S
14:45~
15:45
第4会場 教育研修
講演③
スポーツにおける暴力・ハラスメントの実態と対策 望月浩一郎 14-2429-7 N-14
S
16:30~
17:30
第4会場 教育研修
講演④
Enhancing the Movement System from Rehabilitation to Performance Robbie Ohashi 14-2429-8 N-02,
N-13
S
第2日 11月9日(日)
開始
時間
会場 セッション名 演題名 講師 認定
No.
単位
9:00~
10:00
第3会場 教育研修
講演⑤
幼児の運動能力の現状と運動発達における幼児期の意義 鳥居  俊 14-2429-9 N-01
S
10:15~
11:15
第4会場 教育研修
講演⑧
アスリートの日常診療・かぜ症候群の診方 岸田 直樹 14-2429-10 N-01
S
12:00~
13:00
第1会場 ランチョン・セミナー④ アスリートと睡眠 内田  直 14-2429-11 N-01
S
第3会場 ランチョン・セミナー⑤ 市民ランナーのメディカルチェックに心臓のBNP検査は有用か 真鍋 知宏 14-2429-13 N-01
S
第4会場 ランチョン・セミナー⑥ 超音波診断装置の最新事情:特に携帯型超音波診断装置について 中田 典生 14-2429-5 N-01
第5会場 ランチョン・セミナー⑦ アスタキサンチンの抗酸化作用と骨組織再生に及ぼす影響 近藤 尚知 14-2429-12 N-01
S
13:15~
14:15
第3会場 教育研修
講演⑥
海外遠征時にみられる感染症とその対策 濱田 篤郎 14-2429-14 N-01
S
第4会場 教育研修
講演⑨
スポーツと平衡機能(三半規管・耳石器の役割)―姿勢反射 vs. 随意運動― 加我 君孝 14-2429-15 N-01,
N-13
S
専門医必須14分野
1 整形外科基礎科学,2 外傷性疾患(スポーツ障害含む),3 小児整形外科疾患(先天異常,骨系統疾患を含む,ただし外傷を除く),4 代謝性骨疾患(骨粗鬆症を含む),5 骨・軟部腫瘍,6 リウマチ性疾患,感染症,7 脊椎・脊椎疾患,8 神経・筋疾患(末梢神経麻痺を含む),9 肩甲骨・肩・肘関節疾患,10 手関節・手疾患(外傷を含む),11骨盤・股関節疾患,12 膝・足関節・足疾患,13 リハビリテーション(理学療法,義肢装具を含む),14 医療倫理・医療安全・医療制度等
2. 受付場所

味の素ナショナルトレーニングセンター1階 エントランス

3. 単位申請方法

受講される方は、巻頭綴込みの受講申込書に必要事項をご記入の上、受講料(1演題1,000円×受講数)を添えて教育研修受講受付へお申込ください。ネームカードを確認のうえ、証明書をお渡しいたします。

教育研修講演受講のためだけに入場される方も学術集会参加費は必要となります。

4. 受講証明書の提出

受講証明書は必要事項をご記入の上、「日整会保存用」を講演終了後、会場出口でご提出ください。
記入漏れがある場合や、当日提出されないものは無効となります。

5. 研修医の方の受講について

研修手帳を必ずご持参ください。研修手帳をお持ちでない方は、受講証明はできません。

巻頭綴込みの受講申込書と研修手帳に必要事項をご記入の上、受講料(1演題1,000円× 受講数)を添えて教育研修受講受付へお申込ください。講演終了後、研修手帳に主催者印を押印したものを返却いたしますので、必ずお受け取りください。

日本整形外科学会認定スポーツ医資格継続単位について(学術集会による単位)

1. 単位

本学術集会の参加を持って、1単位とします。
本単位は日整会認定スポーツ医のみ対象となります。

2. 受付場所

味の素ナショナルトレーニングセンター1階 エントランス

3. 単位申請方法

受講される方は、巻頭綴込みの申込書に必要事項をご記入の上、受付にご提出ください。
ネームカードを確認のうえ、証明書をお渡しします。

4. 受講証明書の提出

受講証明書は必要事項をご記入の上、「日整会保存用」を退場時、受付にご提出ください。
記入漏れがある場合や、当日提出されないものは無効となります。

日本体育協会公認スポーツドクター・アスレティックトレーナー義務研修の取扱いについて

第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会は、日本体育協会公認スポーツドクター・アスレティックトレーナー資格更新のための義務研修会の1つです。指定された演題を合計4時間以上聴講していただくと登録更新のための義務研修となります。

日本体育協会公認スポーツドクター・アスレティックトレーナー資格をお持ちの方で、資格有効期限内の義務研修をお済ませでない方は手続きをお願いいたします。

なお対象者には日本体育協会より義務研修手続きについての案内を郵便にてお送りしておりますので、詳細はその資料をご覧ください。

1. 受付場所

味の素ナショナルトレーニングセンター1階 エントランス

2. 受付時間

11月8日(土)8:40~18:20
11月9日(日)8:00~16:20

3. 手続方法
  • 1) 学会の参加受付を済ませた後、日本体育協会の受付にお越しください。その際、専用の受講票(出席確認カード)をお渡しいたします。
  • 2) 義務研修手続き手数料は、5,000円です。事前にコンビニエンスストア専用振込用紙(振込料は無料)でお支払いいただくか、当日、日本体育協会の受付にて現金でお支払いください。
  • 3) 受講票(出席確認カード)はお帰りの際に日本体育協会の受付までお持ちください。なお、ご提出については、上記「2. 受付時間」内にお願いいたします。
4. 対象演題
第1日 11月8日(土)
会 場 時 間 セッション名 講演名
第1会場 9:10~10:00 50 会長講演 アスリートを支えるスポーツ医学
第1会場 10:15~11:45 90 シンポジウム① ソチ・オリンピックの医科学サポート
第3会場 10:15~11:45 90 シンポジウム④ 女性アスリートサポートの今、そしてこれから
第4会場 10:15~11:15 60 教育研修講演② パラリンピック・パラアスリートのメディカルチェックの現状と課題
第1会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー① ヒートショックプロテイン(HSP)とアスリートのコンディショニング
第3会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー② トップアスリートのスキンケアサポート
第4会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー③ けがに負けない歯づくり―キシリトールによる再石灰化の効用―
第1会場 13:15~14:15 60 特別講演① 2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて
第3会場 13:15~14:15 60 教育研修講演① スポーツ中の咬合解析
第1会場 14:45~16:15 90 シンポジウム② エリートスポーツ選手が超高齢社会に示唆するもの-1964年 東京五輪選手の長期追跡調査から-
第3会場 14:45~16:15 90 シンポジウム⑤ アスリートの歯・口と顎顔面を守るために
第4会場 14:45~15:45 60 教育研修講演③ スポーツにおける暴力・ハラスメントの実態と対策
第1会場 16:30~18:00 90 シンポジウム③ オリンピック選手のメディカルチェックから見えてくるもの
第3会場 16:30~18:00 90 シンポジウム⑥ 視覚と運動
第4会場 16:30~17:30 60 教育研修講演④ エリート選手のための運動系の評価と治療
第2日 11月9日(日)
会 場 時 間 セッション名 講演名
第1会場 8:30~10:00 90 シンポジウム⑦ ジュニア競技者の育成を考える
第3会場 9:00~10:00 60 教育研修講演⑤ 幼児の運動能力の現状と運動発達における幼児期の意義
第4会場 9:00~10:00 60 教育研修講演⑦ アンチ・ドーピングの世界的動向と2020年に向けて
第1会場 10:15~11:45 90 シンポジウム⑧ 運動療法を普及するには
第3会場 10:15~11:45 90 シンポジウム⑩ 復帰のための柔軟性改善のこだわりとポイント
第4会場 10:15~11:15 60 教育研修講演⑧ アスリートの日常診療・かぜ症候群の診方
第1会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー④ アスリートと睡眠
第3会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー⑤ 市民ランナーのメディカルチェックに心臓のBNP検査は有用か
第4会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー⑥ 超音波診断装置の最新事情:特に携帯型超音波診断装置について
第5会場 12:00~13:00 60 ランチョン・セミナー⑦ アスタキサンチンの抗酸化作用と骨組織再生に及ぼす影響
第1会場 13:15~14:15 60 特別講演② スポーツドクターとして、政治家として
第3会場 13:15~14:15 60 教育研修講演⑥ 海外遠征時にみられる感染症とその対策
第4会場 13:15~14:15 60 教育研修講演⑨ スポーツと平衡機能(三半規管・耳石器の役割)―姿勢反射 vs. 随意運動―
第1会場 14:30~16:00 90 シンポジウム⑨ スポーツ医学拠点の充実と増加に向けて
第3会場 14:30~15:30 60 ワークショップ 女性メディカルスタッフに関するWorkshop

◇本件に関するお問い合わせ先◇

公益財団法人日本体育協会 スポーツ指導者育成部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1  TEL:03-3481-2226 FAX:03-3481-2284
URL:http://www.japan-sports.or.jp/

健康運動指導士・健康運動実践指導者 登録更新に必要な履修単位の申請について

1. 単位

この第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会は、健康運動指導士および健康運動実践指導者の登録更新に必要な履修単位として、講義3単位が認められます。 (認定番号:146632)

2. 受付場所

味の素ナショナルトレーニングセンター 1階エントランス

3. 単位申請方法

参加される方は、巻頭綴込みの単位申請用紙に必要事項をご記入の上、ネームカードと健康運動指導士証または健康運動実践指導者証を添えて、担当窓口に提出してください。証明書をお渡しいたします。